MiraGeの日記

東京に住んでるくせにいつまでたっても田舎者のままの人間によるちょっとした日記です。

季節の変わり目だしなぁ・・・

止まらないのはロマンティックだけで結構。

どうも皆さんMiraGeです。

 

ここ数日の僕はマジのガチのマジガチで延々と吐き気という調子の悪さと戦っていたわけですけども、今日の朝はここ数日で最も調子の悪い朝でしたね。

・・・・・・。

毎日言ってるなこれ。

いや、それはともかく、気圧かなんか知らないですけど、体の重さが度を越してやばくてですね。朝出社したまではよかったんですけど、椅子に座って上体を起こすことができない状態。

机に突っ伏して、問い合わせに対するメールを返すために10文字ほど書いたらまた突っ伏して。

しかもなんかお腹はぐるぐる鳴ってるし。

そんな最悪の体調から1日が始まり、いい加減お腹の痛さも限界になり、腸の中で液体状のアレが渦巻きトイレへ急行。

その速さはまさに『のぞみ301』とも引けを取りませんでしたね。

僕「お前これ体調不良のMVPやないか」

MVPって何をもってしてMVPだと言ってるのか、この時の僕に詳細なインタビューをしたうえで報道したかったんですけど、絶対誰も求めてない情報だと思うので、それはいったん保留。もしかしたらね、いつかやるかもしれません。

やらねぇよ。

そんなよくわからない思考と発言に至るレベルで調子が悪かったんですけども、何かですね、昼あたりからだんだんエンジンがかかってきたというか、調子が良くなってきたというか。

いつの間にやら普通になってました。体調が。

アレですかね。漫画でいうところのピンチになると己の中に秘められてた真の力に目覚める的な?

しかしまあ結果的にエンジンがかかってよかったわけですよ。

だって今日の問い合わせ数と忙しさはおかしなレベルだったので。

マジで休む暇がない。

結局必死こいて捌いてたらお昼休憩の時間が午後の6時を過ぎましてですね。もはや自分の中でお昼休憩とはどういうものか。それに対する概念が行方不明になって一回哲学者になろうかと本気で思いましたね。

ウソです。思ってないです。適当こきました。すいません。

結局残業もすることになっちゃって、自宅に戻った時間は9時過ぎでしたね。

調子崩すのもまあ季節の変わり目ということもあっていつもの事って感じがします。いい加減慣れました。

世界で一番慣れたくないことですけど。

今日はまあこういうシンプルな総評で終わりです。

それでは。