MiraGeの日記

東京に住んでるくせにいつまでたっても田舎者のままの人間によるちょっとした日記です。

今日僕は恋に落ちました。

どうも皆さんこんにちは。

ここ最近早寝早起きを繰り返すことによって微妙な健康状態を確保することに成功しているMiraGeです。

考えてみればヤバイ生活習慣でしたからね。朝5時までゲームして、9時に起きて21時に帰宅してまた5時までゲーム。もはや人間性を捨てた一種の新種として進化しようとしていたとすら思えます。

 

そんな数年前は2日に1度5時間睡眠やら、1週間の睡眠時間が7時間弱だったこともある万年不眠症の僕ですが、本日はまあ大変でしたね。

朝、いつも通り家を出て、いつも通り電車に乗り、いつも通り揺らり揺れて新宿駅へと向かうはずが、なにやら中央線で大事故があったらしく運行見合わせに。つまりは一切の身動きが取れなくなっちゃいました。

電車の中は既に満員。おそらくはこのまま約1時間程度は動かないわけですし、ここの所延々と続く微熱のおかげで気分が悪くなったのでいったん車両から降りて外に出ることにしました。

f:id:im0084mirage:20191107230742j:plain

駅の中は入場規制というほどではありませんが、ひどくごった返していました。まあそりゃそうだろうなと。

ちなみに僕が駅を出て数分後に入場規制がかかったそうです。マジで出ることすらできなくなるところだったので、ある意味では英断でしたね。

さて、そんなこんなで完全に移動手段がなくなり途方に暮れつつ外をブラブラ。

いや、厳密にはバスやらなんやらを利用すれば別に移動手段が全くないという訳ではないんですけど、たかが仕事のためにバス代とか電車の運賃払いたくないんでね。

f:id:im0084mirage:20191107151802j:plain

たまたま見つけた公園で日向ぼっこを楽しんでおりました。

こういう人間のことを世間ではどうしようもないダメ人間だと言うのでしょう。良い子のみんなはこうならないようにしようね。

電車の運行については暗雲立ち込めているかもしれないですが、空はそれに反して超絶快晴。しかも肌寒くなるこれからの季節を払しょくするような、小春日和で気持ちの良い朝でした。

そんなポカポカ気持ちの良い朝に一切の邪魔をされたくなかったので、とりあえず会社から何らかの連絡があっても一切無視可能なように携帯をマナーモードにしたうえで、諦めて先輩宅でのんびりしてました。

f:id:im0084mirage:20191107101912j:image

出勤時間通りに出勤することは完全に諦めて朝の優雅なティータイム。

ケーキを食べ、お茶の香りで意識を穏やかにしつつ、今日という日の始まりを愉しむのが紳士淑女の嗜みです。まあ飲んでるのお茶じゃ無いですけど。

でも色的にはだいぶ濃くしたお茶みたいなもんだから大丈夫でしょ。知らんけど。

しかしまあ微熱も微熱でホントしんどいったりゃありゃしない。ここ数週間延々と続いてるのはまだしも、頭痛が日増しにひどくなるもんですから調子も不調でテンションも下がる。

てな愚痴をコーラをのんきに飲みながらぽろっとこぼしたところ、先輩から頭痛薬の餞別が。

ここ最近ちょいちょい調子が悪いというのを吐露しており、主な原因は微熱やら頭痛であることを主張しているわけですが、一番簡単な解決策は市販で販売されてる風邪薬や頭痛薬を飲んでしまうことなんですよね。

それでもなお飲まなかった理由が、僕の体質に関係するわけでございます。

というのもですね、僕って低体温症によって平熱が35.4℃程度、血圧は上96下60というそれなりにガッタガタな感じなんです。そういうこともあって、風邪薬やら頭痛薬やらを飲むとものすごく顕著に副作用が現れて、ものすごく気分が悪くなるんですよね。

なのでできれば飲むことは避けたかったのですが、いい加減限界です。背に腹は代えられんということで飲んでみたところ、案の定息苦しさが出てきて気分が悪くなっちゃいました。

先輩「いや、それ先言えよw」

それな。

しばらくしてある程度復調し、約1時間ほどサボった後、とっくに運行している電車に乗るべく駅へと向かいました。

しかして悲しいかな。一度遅延した電車から降り、再び電車に乗りたいというのはわがままな考えであるのです。

そう。東京の満員電車事情を一言で表すならば『戦争』ですからね。弱きを挫き、強きを助ける正義のヒーローとは真逆の思想で成り立っています。乗車するというのはそういうことなのです。

という訳で、数本逃したのちにほんの少し空いてる車両に乗りました。これはしゃーない。

さて、ここでちょっとした事件。

これもまた頭痛薬を飲むことによる副作用に近いアレなんですけど、お腹がえげつない勢いで緩くなりました。

脳卒中が「経験したことのない頭痛」であれば、今日の僕の腹具合は「経験したことのない便意。」です。それも下痢。

超絶満員電車に揺らり揺られながら変に踏ん張ったらマジで漏れそうでした。

僕「持ってくれよ…オラのお腹!」

普段無神論者の僕でも、この時ばかりは流石に神に祈ってました。

で、何とか腹筋に力を入れ過ぎず入れなさすぎずを維持したまま、気合で無事出社。本当にやばかった。やばかったんですけど、さっきのツイートにさらにヤバイ返答が。

f:id:im0084mirage:20191107230738j:plain

悪魔の囁きよりも悪魔の囁きをしてますからね。なんだよ一回くらい経験しとけばって。嫌だよ。バスで漏らしたことあるって、いやそんな経験談聞きたくないし、参考にもなんねぇよ。

なぜ僕の知り合いにはこんなバーサーカーみたいな思考の人間しかいないのでしょうか・・・。こう、『我が道を行く』どころか『俺が道だ』と言わんばかりの。おまえそれが許されるのは少女漫画の多少強引なイケメン主人公だけやぞ。

という文句が頭に浮かびつつ、本日は2時間30分遅れで業務開始。

今日はまあ頭痛が全くなかったので、脳みそをクリアにしてお仕事できたわけですけど、風邪薬の副作用の影響もあって腹具合がホントやばかったです。

人は何かを得る代わりに何かを失うことでしか生きていけないみたいですね。虚しいことに。

業務開始が遅れた今日、思ったよりも忙しさはなく、夕方6時にはお昼ご飯を食べに出ることができました。

ちなみに今日はカレーの写真は撮ってません。ほら、毎日同じものの写真を撮って上げるって何かねぇ?まあ食べたのはカレーですけど。

で、お昼ご飯とも晩御飯ともいえる食事を終えて会社へ戻っている途中、仕事終わりか何かでか踏切を待つ女性2人の会話が耳に入ってきました。

なんやかんや色々話てて、そのあたりの会話はよく聞こえなかったんですけど、どうやら会社の人の「アレマジやばいよね~!」的なアレでした。

ん~語彙力!

声が大きかったので嫌でも耳に入ってくるんですけど、電車が通り過ぎ、遮断機がゆっくりと上がる中のその人たちの会話にて、

A「いやもう私あんなの初めて見たわ!」

B「嘘マジ!?電車を!?」

A「そうそう!ってなんでや!!

それはもう美しいノリツッコミでした。かつてこれほどまでに洗練されたノリツッコミがあったでしょうか・・・。

A「バカw電車なわけないじゃん!そうじゃなくて、」

B「ウソウソw分かるよw踏切でしょ。」

A「ってこら!ガハハハハハ!!

最高のノリツッコミに加えてあの豪快な笑いっぷり。

ここまで深く僕の心に刻まれるとは、もはや完全に恋。

そう、僕は今日、初恋というものを知ったのです。

なんかちょと思ってたのと違う・・・・・・。

今日はそんな超絶濃い一日でした。

これなら毎日遅延しろ。それでは。