MiraGeの日記

東京に住んでるくせにいつまでたっても田舎者のままの人間によるちょっとした日記です。

12月1日のお話。

どうも皆さんこんにちは。

本日の朝はどうでしたか?

僕はと言えば中学2年中盤の数学の成績並みに下がった気圧のおかげで完全グロッキーでした。と言うか今日一日グロッキーでした。

となってくるとね、必然的に書くことがなくなってくるわけです。

なので、今日は昨日すっぽかした「昨日のこと」を書いていきたいと思います。

日記とは。

 

さて、昨日の起床時刻は僕からしてみればまずありえない午前6時30分。
休日の午前中に起きているだけでも珍しいのに、さらに早朝という平日ですら目覚めないような時間帯。

まあ実際今日はえげつないくらい気圧が低かったですしね。

それはさておき、冬の朝、それもものすごく寒いのに外出。

f:id:im0084mirage:20191202121209j:image

実はわざわざ早起きしたのには理由があります。

それは運転免許証の更新!

実はですね、僕と言うものは既に誕生日が過ぎてから残り2週間で1ヶ月が経過。つまり免許証の効力を失うギリギリまで放置してたのです。

放置していただけならまだしもつい2週間前まで免許証の住所は地元にあったので、もし仮に警察官とかに職務質問をされて「身分証出して~。」なんて言われようものなら僕は東京にいないのに東京にいると言う物理的に矛盾した哲学的な存在になっていたかも知れないのです。

いやぁ危なかった。日本の警察は優秀ですからね。僕が哲学的な存在になるのを防ぐためにいくら怪しくても職務質問を避けておいてくれたのでしょう。危なかった・・・。

実際のところは「免許証持ってないです・・・。」という迫真の演技を披露しつつ健康保険証で難を逃れて頂けなんですけど。ふへへw

と言う感じでくっそ眠い朝っぱらから運転に関する小難しい講習を約2時間ほど受け、大体3時間弱で免許センターから開放されました。
f:id:im0084mirage:20191202121217j:image

相も変わらず空は非常にきれいなままで清々しい気分になり、

なんかバク転とかしてました。唐突に。

まあそりゃ職質もされるよ。不振人物だもん。僕だったら問答無用で逮捕監禁した後特に理由は無いけど懲役2000年の実刑判決を下します。あれです、「痴漢はひどいと思ったからとりあえず死刑にした」理論ですね。まさに極刑。

ちなみにこの唐突なバク転については約3分ほどで終了しました。

理由ですか?太ももの裏からピシィッって変な音がしてめちゃくちゃ痛くなったからです。有難うございます。

その後は昨日時間を気にしなさ過ぎてすっぽかしてしまった整体でなんやかんやしてもらってから午後4時ごろ。先輩の家に向かいました。

そう、本日は毎月末にあるお食事集会のお日にちでございます。

言ってみれば「人の金で肉を貪り食う会」です。

僕と同じ専門学校に通ってた先輩の自宅に先輩と同学年で東京に来ている人たちが集まり、同じ釜の飯を食べる。はずなのですがなぜかひとつしたの学年にいた僕がしれっと居座る。

まあ座敷童みたいなもんですよ。幸福を運ぶかどうかは別として。
f:id:im0084mirage:20191202121213j:image

先輩A「え、なんで写真撮ってんの?」
先輩B「映え?」
僕「映えですね。インスタに上げたら映えますね。これは。」
先輩A「いや、映えんやろ・・・・。」

まあ映えませんね。どちらかと言えばツイッター向きかと。

ちなみにこの日、僕は直前に食べたセブンイレブンのカットパイン以外何も口にしてなかったため猛烈な空腹を感じており、遠慮と言うものは生まれてこの方持ち合わせてなかった山育ちがごとく貪り食ってました。うめぇ。

そんなこんなで腹も落ち着き、先輩Cが持ってきていたアイドル?声優さん?のライブDVD?を観ることに。円盤と呼びすぎて正式名称がわかんねぇ・・・・。

がしかし、トラブル発生。なんとスピーカーのボタンを押しっぱなしにしてないと音が出ないと言う意味不明な故障が発覚。結果としてはなんやかんやで直すことが出来たみたいなんですが、当のスピーカーちゃんはあられも無い姿に変えられてしまいました。

f:id:im0084mirage:20191202121205j:plain

生まれたままの姿と言う奴です。

その後先輩Dが来たのですが、その頃には満腹と早起きから来る猛烈な眠気も相まって意識は朦朧としてましたし、テトリス99にのめりこんでてあんまり覚えてないんですよね。

結局お開きは22時半くらい。家に帰って即お風呂に入ってからすぐにポケモンしてました。

いや、寝ろよ。

とまあこんな感じです。

朝起きると一日って長いんだなぁと言うことが分かりました。

それでは。